加藤治子プロフィール

加藤治子さんのプロフィールを紹介
加藤治子
加藤治子(かとうはるこ)
加藤 治子(かとう はるこ、本名;滝浪治子、1922年11月24日 - )は、日本の女優。東京都赤坂区(港区)出身、血液型はAB型。元夫は加藤道夫(1953年に死別)、高橋昌也(1958年再婚、その後離婚)。

来歴・人物
呉服問屋の娘として生まれる。松竹少女歌劇学校を経て、1937年、御舟京子の芸名で松竹少女歌劇団に入る。同期には並木路子や矢口陽子(黒澤明夫人)などがいた。1939年には東宝に迎えられ、『花つみ日記』で映画デビュー。榎本健一の相手役など数本の映画に出演。1941年に慶應義塾大学の学生だった加藤道夫や芥川比呂志らが結成した新演劇研究会(解散するが、戦後に麦の会として再出発)に入団。同会は1949年に文学座に合流し、以降は主演級で活躍。1952年には『恭々しき娼婦』で岸田国士賞を受賞。1963年には高橋、芥川、岸田今日子らと劇団雲の創立に参加。1964年、『七人の孫』で母親を演じ森繁久弥と共演。向田邦子作品には母親役で多く出演し、好評を得ている。最近は製薬会社の認知症啓発キャンペーンにも出演、声優として『魔女の宅急便』(老婦人役)や『ハウルの動く城』(魔法使いサリマン役)にも出演した。また、缶コーヒーのCMでは、天国で孫を待ち受けるおばあちゃんの役を好演している。いしだあゆみ樹木希林平田満と多く共演している。



加藤治子Topページ




カテゴリから「エンタま」で紹介する人物をカンタンに検索できます。
タレント | 俳優
グラドル | セクシー女優
お笑い | 漫画・アニメ
ミュージシャン


[0]トップへ
(c)entama.info